トップページ >  シミ・美白ケアQ&A >  肝斑とシミって違うの?

肝斑と日焼けによるシミの違いとは?

肝斑はシミの一種で、頬の周りに左右対称に薄い淡褐色で広範囲にできるくすんだシミです。

普通のシミがポツポツと局所的に出来るのに比べ、色は薄く、範囲が広く、顔に左右対称に出来るのが特徴です。


出来始めはぼんやりくすんだ感じで、頬っておくと次第に色が濃くなり、範囲が広がっていきます。


普通のシミ(紫外線によるシミや老化によるシミ)と違い、一般的な美白化粧品などを使っても治らないという特徴もあります。それは通常のシミが主に紫外線を浴び続けたり、肌の新陳代謝がうまく働かなくなることで出来るのに対し、肝斑はホルモンの分泌が原因だからです。


通常のシミの場合、紫外線によるシミ・ソバカスを防ぐ美白化粧品やレーザー治療で薄くすることも可能ですが、肝斑のシミには内服薬と外用薬ハイドロキノンの併用が最も効果的なようです。


皮膚科で診察すればハイドロキノン入りの薬を処方してもらえます。でも、皮膚科で処方されるハイドロキノンは高濃度なため取り扱いには注意が必要です。


最近では効果はそのままに、妊娠中の肝斑にも使えるほど低濃度で刺激を抑えたハイドロキノン配合の美白化粧品が市販され、手軽に自宅ケアに使えるようになっています。