トップページ > 頬や目尻にできる肝斑(かんぱん) > 肝斑に効く美白化粧品はどう選んだらいいの?

肝斑に効く美白化粧品はどう選んだらいいの?

肝斑は、30~40代に多く、頬から目尻にかけてモヤモヤと左右対称にできるシミです。シミの3分の1が肝斑と言われているため、肝斑があっても気づいていない女性も多いかもしれません。


女性ホルモンのバランスが原因でできる肝斑は、妊娠中にも多く見られるシミです。出産後すぐに消える場合もありますが、そのまま色素沈着することも多いようです。


肝斑に効く美白化粧品はどう選ぶ?


肝斑には一般的な美白化粧品は効果が期待できません。

市販されている美白化粧品のほとんどが紫外線や日焼けから肌を「予防する美白成分」でできています。

肝斑のようにすでに根付いてしまったシミには、「シミを消す成分」を選ぶことが大切です。

皮膚科で肝斑治療に処方される美白成分にハイドロキノンがあります。ハイドロキノンの美白効果は、ビタミンCやアルブチンの100倍と言われ、色素沈着してしまったシミを「消す」「薄くする」効果をもつ唯一の成分として知られています。


皮膚科で処方されるハイドロキノンは本来刺激の強い成分です。
ハイドロキノンを敏感肌・乾燥肌の方にも使えるよう徹底的に刺激を抑えた美白化粧品がアンプルールのラグジュアリーホワイトです。

アンプルール独自の「新安定型ハイドロキノン」を配合することで効果はそのまま残し、肌への優しさにこだわった成分で作られています。


ラグジュアリーホワイトは、妊娠中や出産後のシミで悩むデリケートな女性にも多く使われています。