トップページ >  シミ・美白ケアQ&A >  シミに良い美白成分とは?

シミに効く美白成分とはどんなもの?

暑い季節になると、日焼けを恐れて紫外線対策をする人が多くなりますが、紫外線というのは、一年中天気に関わらず降り注いでいます。なので、いつでも対策やケアをしていなければならないわけですが、美白成分にはいくつかの種類があります。



有名な美白成分といえばハイドロキノンですね。とても強い美白効果を持っていて、頑固なシミなどにも効率的に効いてくれますが、反面で副作用の懸念もあります。近頃では、ハイドロキノンのシミ消し効果は維持したまま、妊婦さんでも使えるほど安全に安定的に取り入れられるものもあります。



他に美白成分にはどんな種類があるの?というと、ルシノールがという成分もありますね。
メラニン色素を生成するのは、チロシナーゼという酵素なのですが、ルシノールはこのチロシナーゼの生成を阻害してくれますので、根源からメラニン色素を作らないようにしてくれます。



そしてアルブチン。主に植物から抽出される成分で、アルブチンに含まれるアミノ酸がメラニン色素の生成を押さえてくれます。 アルブチンは副作用が少なく、尚且つビタミンCよりも美白効果を表してくれますので、最近とても注目されています。



他には、リノール酸。美白成分のひとつで、チロシナーゼが活発になってしまうのを抑制します。



美白成分にはこうして色々な種類があり、どの種類を使用するのか、シミの状態や使用する頻度によって、変えていくと良いと思います。


美白化粧品でのお手入れも大切ですが、忘れずに毎日紫外線ケアをして、活性酸素が活発にならないように、ストレスを貯めない生活を送ることも大切です。