トップページ >  シミ・美白ケアQ&A >  シミは何が原因でできるの?

シミができる原因はなに?紫外線や年齢も関係するの?

シミができる原因は紫外線や老化によるものが多いのですが、中にはホルモンバランスの乱れや病気が原因でできるシミもあります。


 紫外線

シミの原因の7割は紫外線が原因と言われています。

紫外線を浴びると、皮膚はメラニン色素を作って皮膚を守ろうとします。


メラニン色素は、紫外線による肌ダメージを防いでくれる大切なものでもありますが、ターンオーバーがうまく行かず排出されないと、そのまま肌に残って「シミ」となって残ってしまうのです。


UVカットできる日焼け止めや日傘・帽子などで肌を守るようにしましょう。


 ホルモンバランス

妊娠中に出やすくなるシミ、更年期にできるシミ、肝斑(かんぱん)と呼ばれるシミなどはホルモンバランスの乱れが原因でできるシミです。ハイドロキノン配合の美白化粧品や飲み薬などで改善することができます。


 年齢・老化

紫外線やホルモンなど、個々の影響で出来たメラニン色素を老化で代謝が悪くなると肌の外に排出出来なくなり、それがどんどん溜まってシミが増えていきます。

老化によるシミは、ビタミンCを含む食事や肌のターンオーバーを促す美白化粧品などでを防ぐことができます。


 病気

シミの原因には、病気が隠れていることもあります。

肝臓・腎臓疾患、卵巣の病気など、体の内側からくる障害などの疑いもあるので注意が必要です。


 その他のシミの原因

ストレスにって体内の活性酸素が増加してシミになったり、皮膚に付いた小さなキズから色素沈着してシミができることがあります。

ナイロンタオルなどで体をこすると、目に見えない小さなキズが体にたくさんついてシミになることもあるので注意しましょう。